逃げた女
HONG SANGSOO
監督・脚本・編集・音楽
ホン・サンスHONG SANGSOO
1961年10年25日、韓国、ソウル生まれ。監督、脚本家。韓国中央大学で映画製作を学んだ後、1985年にカリフォルニア芸術工科大学で美術学士号、1989年にシカゴ芸術学院で美術修士号を取得。アメリカ留学中に短編の実験映画を数多く製作した後、フランスに数か月滞在、映画鑑賞に明け暮れた。韓国に戻り、1996年に『豚が井戸に落ちた日』で長編監督デビューを果たす。男女の恋愛を会話形式で描くその独創的なスタイルから、“韓国のゴダール”、”エリック・ロメールの弟子“などと称され絶賛される。主な監督作に、イザベル・ユペール主演の『3人のアンヌ』(12)、加瀬亮主演の『自由が丘で』(14)、第68回ロカルノ国際映画祭グランプリと主演男優賞を受賞した『正しい日 間違えた日』(15)、第67回ベルリン国際映画祭主演女優賞(銀熊賞)に輝いたキム・ミニ主演の『夜の浜辺でひとり』(17)、『逃げた女』(20)では第70回ベルリン国際映画祭で自身初となる銀熊賞(監督賞)に輝いた。2021年に、25作目 『イントロダクション』で第71回同映画祭銀熊賞(脚本賞)を受賞、同年に第74回カンヌ国際映画祭のプレミア部門に26作目『あなたの顔の前に』が招待された。2022年に、最新作『The Novelist’s Film』が、第72回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員大賞)を受賞し、3年連続4度目の銀熊賞受賞の快挙を果たした。名実ともに韓国を代表する監督の1人として現在も精力的に作品を発表し続けている。
COMMENT
もし凍ってしまった水たまりのようなものが、
長年寒々と心の痛みになっているのだとしたら、
この映画たちはきっと、それを静かに溶かしてくれる。
加瀬亮


TIE UP
6/25(土)の上映にご来場のお客様の中から抽選で、「チャミスル ストロベリー」をプレゼント!(数量限定)甘い苺の香りと甘酸っぱさが口の中に広がる優しい味わいをお楽しみください。
※対象は20歳以上。未成年者の方は対象外とさせていただきます。
※キネマ旬報シアターのみ先着順となります。
【実施劇場】ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺、立川シネマシティ、シネマ・ジャック&ベティ、キネマ旬報シアター、伏見ミリオン座、テアトル梅田、アップリンク京都、シネ・リーブル神戸、KBCシネマ、桜坂劇場
6月24日[金]ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
逃げた女